式内社 許麻神社案内記

鎮  座 八尾市久宝寺5丁目4-8

御祭神
牛頭天王   (ゴズテンノウ)
高麗王霊神  (コウライオウレィシン)
素盞嗚命   (スサノオノミコト)
許麻大神   (コマオオカミ)

由 緒
当神社の創立については「延喜式神名帳」に「創立年月日は不詳でありますが、藤原忠平が、醍醐天皇より朱雀天皇に至る三十年の間に勅を奉じて撰した「延喜式」(今より約一千五十年前)の中の神名帳に記されている「式内社」で小社に列せらる」とあります。

「河内国内神名帳」には「神位を従四位を授けらる」とあり「河内名所図絵」には「明治5年神社制度発布の際「郷社」に列せられると共に、旧澁川郷第1大区第1小区12番組 即ち大蓮・金岡・衣摺・柏田・蛇草・横沼・吉松・三の瀬・長堂・太平寺・岸田堂・大地等の各村奉仕神社氏子より、本神社を親宮と称し、毎年米麦両度の初穂を供進された」とあります。

明治39年、神社整理と共に供進の儀も消滅し、同年4月、勅令第九十六條により、神饌幣帛料
供進指定神社に指定されました。
なお、文政10年(1827年仁孝天皇)の「久宝寺明細帳」には「各社人は無御座候、惣村持にて
御座候」と記載されており、久宝寺の氏神として、村全体の維持管理とされており現在に及んでいます。

昭和21年、マッカーサーの「神道指令」により国家神道廃止後、宗教法人として
現代に至つております。

社名の由来
「許麻」を「コマ」と訓み現在も同訓であり、「河内誌」には「今称天王」と記し、近世徳川期には、「久宝寺の牛頭天王」と一般に呼ばれていました。
往古、このあたりは朝鮮の高麗からの渡来民族が各所に蟠居し、繁行した「大狛」「狛」を姓とする氏族が祖霊として祭祀した由緒をもって「高麗」と呼び慣はされていたことから「社名」となった。前記「久宝寺明細帳」にも「牛頭天王宮」と記載されて長い間、村人に親しまれてきた。

境内神社  

(神社名)
厳島神社 秋葉神社
太宰府神社  金比羅神社(詳細別記)
稲荷神社 八幡神社

祭 日
月次祭 ・・・・・・・・ 毎月1・15日
歳旦祭 ・・・・・・・・ 1月1日
節分祭 ・・・・・・・・ 2月3日
例祭  ・・・・・・・・ 4月16日
夏祭  ・・・・・・・・ 7月18日、19日
秋祭  ・・・・・・・・ 10月16日
とんど ・・・・・・・・ 1月14日
七五三参り・・・・・・・ 11月15日

◎ 以上のほか、臨時祭などの儀式がある。

――――――――――∞――――――――――――∞―――――――――――――

別記 (1) 延喜式神名帳とは、
西暦905年~946年の間(醍醐天皇より朱雀天皇に至る)藤原忠平らが
延喜式撰進の勅をうけて、撰したものを「延喜式神名帳」と云い、それに記載される神社「式内式」と云うものである。

別記 (2) その神名帳に記載される神社を、大社と小社に区分され、奈良・平安朝時代
に於ける、幾内の神社658座を大社231座、小社427座としている。
因みに、別記すれば
山城國  122座 (大社 53・小社 69)
大和國  286座 (大社 28・小社 158)
河内國  113座 (大社 23・小社 90)
和泉國   62座 (大社 1・小社 61)
攝津國   75座 (大社 26・小社 49)

別記 (3) 澁川郡の所在について
前記・澁川郡については、「和名秒」には「若江郡巨麻郷」と伝えられているが
位置不明・澁川郡を竹渕・邑智・余戸・跡部・加美の「五郷」とのっているが、
「延喜式」には、巨麻郷をこの郡に編入し、「地名辞書」に六郷としている。
澁川郡巨麻郷は、中世以降は「巨麻莊」とも呼ばれ位置は、澁川郡域であった
けれども、若江郡域にも「巨麻」の名がつく遺跡があった為の誤りで、郡域は
「延喜式」には、巨麻郷をこの郡に編入し、「地名辞書」に六郷としている。
「地名辞書」に「長瀬川の西に沿うい狭長の地なり」と今日の長瀬川以西、
八尾市西北部と思う。なお、「地名辞書」には「河内誌によれば巨麻莊の名は、
久宝寺村に遺る」と記されています。

★ 境内神社

厳島神社
市杵島姫命
天正10年6月
交通安全・心願成就
7月27日
田 心 姫 命
湍 津 姫 命 (1583年)

太宰府神社
菅原道真公
天正10年6月
学業成就・受検合格
1月7日

稲荷神社
宇迦之御魂大神
天正10年6月
農耕豊作・商売繁盛
4月9日

秋葉神社
加具土命
天正10年6月
防火・厄除け開運
12月15・16日

金刀比羅神社
大物主命
天正10年6月
旅行安全・社運隆昌
10月10日

八幡神社
品陀和気命
明治6酉年2月
家内安全・病気平癒
9月15日

厳島神社
平家の安護神と
海にうつる赤鳥居

太宰府神社
作神と学問
受検の神

稲荷神社
日本で最も信仰され
食物を司る神

秋葉神社
火防せの神
秋葉権現

金刀比羅神社
金毘羅船々で有名な
海の神
昭和36年改築移築

八 幡 神 社
産土・郷土の神