語句の説明

* 延喜式とは

古代日本の社会制度=法制度は「律令制」といわれて居ます。 具体的には刑にあたる「律」、行政法その他にあたる「令」、令の追加にあたる「格」、法律の 施行細則にあたる「式」からなります。(律令格式)。 668年(天地8)にはじめて令の制定があったとされています(近江令)。 この令は現存しておらず、内容は不詳です。 689年(持統3)6月29日、全二十二巻の初の体系的令法典である飛鳥浄御原令 (あすかきよみがはらりょう)が完成しました。 律令が揃ったのは、701年(大宝元)刑部親王等の手によって完成した大宝律令です。 この令は現存しておらず、内容は不詳です。律令は現存しないので、養老律令をとうして 推定されています。 718年(養老2)に藤原不比等らが、大宝律令を国内情勢に適合するよう手を加えたものが 養老律令ですが内容的にあまり相違は見られません。 社会の変化に対応して、律令を修正した格(きゃく)や律令の施行細則としての式(しき)が 多く定められました。 「貞観格」が871年(貞観13)に「貞観式」がそれぞれ施行されました。 延喜式は延喜5年(905)醍醐天皇の命により、藤原時平を長とする12名の編集委員で、 編纂を開始しましたが、編纂作業は長期に渡り、完成奏上は延長5年(927)で、 施行は康保4年(967)とされています。

* 延喜式神名帳とは

「延喜式」は全50巻から成る律令の施行細則を記載した書物です。 神祗式が巻1~巻10で、 巻9・10が神名帳といわれます。 神名帳は国家が神祗祭祀をどのように行うかを定めた「延喜式」に付随した物で、祭祀を行う対象の 神社を一覧表にした物です。 記載されているのは国、郡別に(当時の)神社名と祭祀の「格付け」です。 神名帳には全国3132座(祀られる神の数であり神社数ではない)が大略以下のように 格付けされています。 宮中で神祗官が祀る神 737座(官幣社)そのうち大社と記載され「幣(みてぐら)を案上(机の上)に 奠(たてまつ)る神」が304座 、 「幣を案上に奠らざる神」が433座 宮中ではなく地方の国司が祀る神2395座(国幣社) そのうち大社と記載されているのが188座 それ以外(国幣の小社)が2207座となっています。 この神名帳に記載されている神社を「延喜式内神社」または単に「式内社」と称しています。 延喜式の完成時点(延長5年=927年)に確実に存在していた事がわかり、今日までの神社が 継続しているのであればそれだけ歴史のある(由緒がある)神社であり、当時においても 有力な神社であったとおもわれます。

* 延喜式神名帳

平安時代の律・令・格の施行細則を集成した法典で、醍醐天皇により延喜5年(905)8月に編纂を 開始、二十二年後の延長五年(927)十二月に完成した。 五十巻三千数百条の条文は、律令官制の二官八省の役所ごとに配分・配列され、巻一から巻十が 神祗官関係である。延喜式巻一から巻十のうち、巻九・十は神名帳であり、当時の官社の一覧表で、 祈年祭奉幣にあずかる神社二千八百六十一社(天神地祗三千百三十二座)を国郡別に羅列している。 ここに記載された神社が、いわゆる「式内社」である。 つまり、式内式は、平安時代(10世紀)にすでに官社として認定されていた神社であり、由緒ある神社と して知られていたことになる。 いわゆる六国史(日本書紀、続日本紀、日本後紀、文徳実録、三代実録)に記載されている神社を 国史現在社/国史見在社と呼ぶ。 国史現在社である(平安以前に存在していた)にも関わらず 「式内社」として延喜式に記載のない社を「式内社」と呼ぶ。

* 『 延喜式 』 巻第九

天神地祀惣三千一百卅二座 社 二千八百六十一處 前 二百七十一座 大 四百九十二座 三百四座 (並預祈年、月次、新嘗等祭之案上官幣、就中七十一座預相嘗祭) 一百八十八座(並預祈年國幣) 小 二千六百册座 四百卅座 (並預祈年案下官幣) 二千二百七座(並預祈年國幣) 『 大小 』 大社と小社。 格の違い。 『 幣帛 』 広義では、神に献る礼物。 狭義では、天子・国家・地方官から神に奉る礼物の意味。 延喜式では狭義の意。 『 祈年 』 祈年(きねん)祭。毎年二月四日を祭日とし、幣帛を受け、その一年の豊穣を祈願する。 『 月次 』 月次(つきなみ)祭。毎年二回、六月と十二月の十一日に、幣帛を受ける祭。 其の意義については諸説あり不明。 『 相嘗 』 相嘗(あいなめ)祭。古代、新嘗に先立ち、特定の神社に新穀を供えた祭。 延喜式では四十一社。 『 新嘗 』 新嘗 (にいなめ)祭。毎年十一月に、幣帛を受け、その一年の収穫を祝う。 祈年祭に対置。 『 名神 』 天下諸社のうち、特に霊験著しい神社。明神とも称した。延喜式では二百二十六社。

* 式内社の社格

 式内社は各種の種別がある。まず官幣社と国幣社の別である。官社とは、毎年2月の祈年祭に神祇官から幣帛を受ける神社のことで、各神社の祝部(はふりべ)が神祇官に集まり幣帛を受け取っていた。
その後、延歴17年(798年)に、引継神祇官から幣帛を受ける官幣社と、国司から幣帛を受ける国幣社戸に分かれた。
式内式では、官幣社が573社737座、国弊社が2288社2395座である。
国弊社が設けられたのは、遠方の神社では祝部の上京が困難なためと考えられるが、遠方でも重要な神社は官弊社となっている。
 次が大社と小社の別である。この別はその神社の重要度や社勢によったと考えられる。
官幣社・国弊社及び大社・小社はすべての式内社について定められたので、式内社は以下の4つに分類される事となる。

    ★ 官幣大社  ―  198社304座
    ★ 国弊大社  ―  155社188座
    ★ 官弊小社  ―  375社433座
    ★ 国弊小社  ―  2133社2207座

 官幣大社は畿内に集中しているが、官幣小社は全て畿内に、国幣大社・国幣小社は全て畿外にある。
なお、近代社格制度にも同じ名称の社格があるが、式内社の社格とは意味が異なる。
また、近代社格制度の社格は延喜式のおける社格とは無関係で、制定時の重要度や社勢に応じて定められた。
 式内社の中には、祈年祭以外の祭にも幣帛を受ける神社があり、社格とともに記された。

    ★ 名神  ―  特に霊験著しい「名神」を祀る、臨時祭の名神祭が行われる神社。
全てが大社なので名神大社(名神大)という。
    ★ 月次  ―  月次祭(6月と12月の年2回行われる祭)に幣帛を受ける神社
    ★ 相嘗  ―  相嘗祭(新嘗祭に先立ち新穀を供える祭)が行われる神社  
    ★ 新嘗  ― 新嘗祭(毎年11月に行われる一年の収穫を祝う祭)に幣帛を受け取る神社

* 論社

式内社の後裔が現在のどの神社なのかを比定する研究は古くから行われている。 現代において、延喜式に記載された神社と同一もしくはその後裔と推定される神社のことを論社 (ろんしゃ)・比定社(ひていしゃ)などと呼ばれる。 式内社の後裔としてほぼ確実視されている神社でも、確実な証拠はほとんど無く、伝承により後裔の 可能性がきわめて高い論社という扱いである。延喜式編纂時以降、社名や祭神・鎮座地などが 変更されたり、他の神社に合祀されたり、また、荒廃した後に復興されたりした場合、式内社の後裔と 目される神社が複数になることもある。 論社には、たの研究によって後裔社だとみなされることもあるが、その神社自ら式内社だと 主張することも多い。

* 延喜式神名帳 神社一覧

宮中京中 宮中神 ; 卅六座  京中神 ; 三座

畿内神  (六五十八座) 山城、大和、河内、和泉、摂津

東海道神 (七百卅一座) 伊賀、伊勢、志摩、尾張、参河、遠江、駿河、伊豆、甲斐、相模、武蔵、安房、上総、下総、常陸

東山道神 (三百八十二座) 近江、美濃、飛騨、信濃、上野、下野、陸奥、出羽

北陸道神 (三百五十二座) 若狭、越前、加賀、能登、越中、越後、佐渡

山陰道神 (五百六十座) 丹波、丹後、但馬、因幡、但耆、出雲、石見、隠岐

山陽道神 (一百册座) 播磨、美作、備前、備中、備後、安藝、周防、長門

南海道神 (一百六十三座) 紀伊、淡路、阿波、讃岐、伊豫、土佐

西海道神 (一百七座) 筑前、筑後、豊前、肥前、日向、大隅、薩摩、壱岐、対馬

 各地域の各国に分かれています許麻神社は、畿内神 の河内国にあります。
河内国式内社は、石川郡、古市郡、安宿郡、小県郡、交野郡、若江郡、渋川郡、志紀郡、高安郡、
河内郡、讃良郡、茨田郡、丹比郡等の13郡に分かれています。

渋川郡  6座 小6座

神名帳の社名 現在の神社
鴨高田神社 鴨高田神社
横野神社 【 巽神社に合祀 】
横野神社 (旧地)
波牟許曽神社 波牟許曽神社
路部神社 路部神社
許麻神社 許麻神社
都留弥神社 都留弥神社
布施夷神社

* 参考資料

参考資料
  ☆  許麻神社の由緒   昭和50年 4月 宮司 記す
  ☆  許麻神社案内記
  ☆  延喜式神社の調査。 阜嵐健が実際に調査したもの
  ☆  式内社調査報告書、式内社研究会編、皇学館大学出版部  1977-86
  ☆  式内社の研究、志賀剛、雄山閣 1977-87
  ☆  西牟田崇生 『 延喜式神名帳の研究 』 国書刊行会、(原著 1996年8月8日)、初版
  ☆  延喜式神名帳 式内社- 玄松子の記憶

作成 ; 平成 26年 3月   許麻神社 総代会   山陰 昌克